2010年12月22日

ダイエットの食事に取り入れたい野菜

毎日の食事に野菜をたくさん取り入れることによって、カロリーを抑えた食事にありつける上に問題なく満腹感を得られるのです。
ダイエットに有効な作用が、野菜にはたくさんあるのです。
野菜だけでなく、マッサージ 難波もダイエットに一役買ってくれるかもしれませんよ。


それでは、ダイエットに関連する野菜の栄養について見ていきましょう。
野菜の中でも「さつま芋」はカロリーが高いと思いがちですが、白米とカロリーを比べてみると、3分の1しかありません。
さらに、非常に栄養価が高いうえに簡単に満腹感を得られるので、実はダイエットに打ってつけの野菜だといえるのです。
食物繊維やビタミン類、カロテン、カリウムなど、便秘の解消や身体の代謝を高くする効果など、健康にいい成分がたくさん含まれているのがさつま芋なのです。


ほかには、東京 オイルマッサージや「たけのこ」もダイエットには最適です。
たけのこはほとんどが水分で、たんぱく質と食物繊維が非常に豊富に含まれています。
スーパーなどで水煮として売られているものも多いので、簡単な調理で食べられます。
posted by yossy476626 at 18:05| 食生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

お酒そのもののカロリーは知れたもの

当然ですが、お酒にもカロリーがあります。
そして、アルコールの度数が高くなっていくほど、カロリーも高くなる傾向にあります。


繰り返しになってしまいますが、アルコールは高カロリーです。
しかし、普通のカロリーとは性質が少し違います。
実は、アルコールのカロリーはエンプティカロリーとよばれ、脂質や糖質よりも先に、熱として最優先で消費されるのです。


お酒を飲むと、顔が赤くほてったり、身体が熱くなったりしますよね。
あれこそが、アルコールのエンプティーカロリーが熱として放出されているときに起こる現象なのです。
つまり、お酒のカロリーが多少高くても、アルコールのカロリーでそこまで神経質になる必要はないのです。


もちろん、お酒はアルコール以外のものも使われています。
麦などといったお酒の原材料や、あとから追加された糖分のカロリーに関しては、そのまま体内に吸収されます。
ただ、お酒全体のカロリーを考慮してみると、その量は知れています。
特に、ジンやウイスキー、焼酎といった蒸留酒は、その原材料のカロリーもかなり少ないのです。
posted by yossy476626 at 16:52| 食生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

「即効で脚やせが可能」に踊らされないで!

「すぐに脚やせが可能」、「たった数分で○センチサイズダウン!」、悲しいかな、こうした信じられない広告が広まっています。
「楽してすぐに脚やせを」ということは女子なら誰しもが願うので、こうしたことを書けば売り上げが伸びるんでしょう。
エステサロンでも「1回の施術で合計10センチサイズダウンしました」なんてチラシもあったぐらいですし。


原因を解明していきそれを改善していくことで、はじめて脚やせが可能になるのです。
もし、普段の生活を何も改善しないまま「何か」だけをして即効で細くなったのなら、当然ながら、戻るのも即効です。


からくりを言うと、脚を太くしているものの正体は「むくみ」だからです。
脚はよくむくみ、朝と夕方を比べただけでもサイズが1〜2センチ変わります。
マッサージをしたり、入浴やサウナなどといった脱水作用のあることをしても、もちろんむくみが解消され、2cm前後変わることは何も珍しくありません。
脱水しても、体はもとの状態に戻ろうとします。
サイズダウンするのは、所詮そのときだけなのです。
posted by yossy476626 at 15:34| ダイエット豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

摂取するのを動物性のたんぱく質から、大豆たんぱく質に変えてみましょう

大豆のたんぱく質には、ダイエットや肥満予防に有効な作用があるといわれています。
数多くの実験が行われた結果、大豆たんぱく質を摂っていた人の方が、他のたんぱく質を摂取した人と比べて体重変化が良かったのです。


大豆たんぱく質は、他のたんぱく質と比べて脂肪燃焼効果が強いので、ダイエット効果が高いといえるのです。
さらに、大豆たんぱく質を摂取すると肥満の解消効果のみならず、肥満予防にも効果があるのです。


太り過ぎの人や「隠れ内臓肥満」といわれる人は、標準体重に戻すために自分の食生活を正すよう心がけないと危険です。
また、現在は正常な状態であっても、好んで食べるものに脂肪分が多く含まれていたり、動物性たんぱく質を摂りすぎていると、いずれ肥満になってしまう危険性があります。
このような食生活をしている人は、それを正していくためにも、大豆たんぱく質を食事の中に積極的にとり入れるようにしましょう。


毎日小さな努力を積み重ね続けることが、美しく健康な体を保つ秘訣なのです。
posted by yossy476626 at 18:20| 食生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

意外や意外!? 冬限定の強いダイエットの味方

寒くなってきたこの季節、こたつが恋しいという方も多いことでしょう。
意外かもしれませんが、こたつはダイエットに協力してくれるかもしれません。


こたつに入ってぼーっとしながらテレビを見てたりすると、どうダイエットに良いいのか、イメージが湧かない方も大勢いらっしゃると思います。
でもこたつに入るということは、床かクッション、座イスのどれかの上には必然的に座ることになります。
床から立ち上がったり、床に座ったりする運動は、イスから立ったり座ったりするよりも動きが大きくなるんです。
その差は微々たるものかもしれませんが、日ごろ生活をしていく中で何回もする動きですから、1回の動作で消費されるカロリーは少ししか違わなくても、積もり積もればなんとやら。
意外とバカにできないほど差が生じるものなのです。


もちろん、こたつに入ったが最後、めんどくさがって全く動かなくなったら意味がありません。
でも、こたつに入ること自体は何も悪くありません。
立ったり座ったりできちんと動けば、むしろいい運動になるということです。
posted by yossy476626 at 18:59| ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。